オススメリンク

カレンダー

2014年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

予算はどのくらいにするか

両親

結婚式で今まで育ててくれた両親への感謝の気持ちを表そうとプレゼントを渡すカップルも多いようです。
ここで忘れてはいけないのは結婚式の準備の中の一部だということです。
結婚式というものは色々と夢が膨らみ予算オーバーとなることも良くあります。
最初にどのくらいの予算にするか決めておくことが大変重要となってきます。
店頭やネットで探すときも予算が決められていると範囲が絞られて探しやすくなります。
ちなみに両親へのプレゼントにかける予算は両家合わせて2万から5万が平均となっています。
いくら喜んでもらいたいからといってあまり高価すぎるプレゼントを渡すのも両親に負担をかけることとなります。
もし、招待客が増えすぎてしまって余裕がなくなった場合もあるでしょう。
その場合は、結婚式を挙げたあとにプレゼントを渡すことも考えましょう。
時間と予算がない中で自分たちが納得のできないまま贈り物をすればきっと後悔することになるでしょう。
それならば後で余裕ができてから贈り物をしたほうが良い結果を生むことと成ると思われます。

長く残るものを考えてみよう

プレゼント

クリスマスや誕生日などと違い一生に一度だけのプレゼントとなります。
だから、記念となるものをと考えるカップルも多いようです。
当たり前のことですが両親の好みや趣味や考え方をしっかり考慮して選びましょう。
 実際の物として残るものは、ストレートに感謝の気持ちが伝わる感謝状や定番となっているウェイトドールなどがあります。
感謝状は絵本のようなものからフォットブックのようなものなど様々なバリエーションがあるので予算と相談しながら自分たちらしいものを選ぶことができます。
ウェイトドールは熊だけでなくその他のキャラクターのヌイグルミもあり足の裏にメッセージや日付を入れることができお店もあります。
 家が狭いなどの理由から実際のものではなく心に残るものを選ぶカップルもいます。
旅行券や旅行を選ぶカタログなどです。
「もの」ではないですが旅行に行った両親が撮影した写真やその時旅行先で買ったものが残ることとなります。
置く場所にも困らず心に強く刻まれることなり「もの」とは違った形で長く残るでしょう。

両親へのプレゼントのトレンドについて

花嫁と花婿

結婚式の前や、結婚式中に贈りたいプレゼントのトレンドについて、紹介します。
現在のトレンドは、一人ひとりを考えた品物です。
父親ならお酒や趣味の道具、母親ならアクセサリーなどです。
欲しいものや好きなものをそれぞれに贈り、感謝の気持ちを表します。
既製品だけでなく、手作りも人気です。
心を込めて手作りすることで、感動が倍増します。
時間をかけて作ってくれたと分かると、両親も喜びます。
さらに新郎新婦と親が楽しめるものも、トレンドの一つです。
新郎の趣味に付き合って欲しいときには、新郎の趣味の道具を贈ります。
仲良くなりたいという想いが伝わり、思わず笑みがこぼれます。
品物だけではなく、手紙もトレンドです。
子供の頃からの思い出を振り返り、それを文章にします。
本音の言葉を書いて、素直な気持ちを届けるような手紙がトレンドです。
親への感謝だけでなくても、いいのです。
寂しかったことや悲しかったことも、正直に書くのが人気です。